CATEGORY

La vie

  • 2020年11月3日

Se fixer un objectif et l’atteindre – 目標を設定し到達する

昨日のAsamiさんのpremium blogの「数年前のモナコの敗北と復活」は何故Asamiさんが目標を達成できているのかが非常にわかるお話で大変興味深く観ていました。 Asamiさんはvisionが非常にクリアで、そのvisionに到達するためにはどのような行動をしなければいけないかの計画をしっ […]

  • 2020年11月2日

En tant que la mère – 母として

周りにいる、子を持つ女性を見るたびに母とは本当に偉大だと思うことばかりです。 私の母は、40までは人生をかなり謳歌していましたが、それでも手芸がとても得意だったので、指人形を作ってくれたり刺繍の本を持っていて、学校に持っていく座布団に縫ってもらいたい刺繍を私たちが選ぶと、とても上手に縫ってくれていた […]

  • 2020年10月20日

Pour quelqu’un d’autre-他の誰かのために

人が、特に女性が一番パワーを発揮することが出来る時は自分の目の前にいる人が笑顔で幸せになるために何か行動を起こす時なのではないかと思います。 私も御多分に漏れず、その様な時が一番、自分のパワーを発揮することが出来るタイプなのですが自分の中で、あ、こうすれば喜んでもらえるのではないかと言うイメージがで […]

  • 2020年10月15日

Viser plus haut -より 高みを目指す

時代が移り変わる中で現状維持の状態は、後退を意味する、という言葉をよく聞きます。 そして、その言葉は、的を得ている、とも思います。 特に、最近はテクノロジーの進化により、環境の変化がとても目まぐるしく、世界がとても近くなっています。 何度かblogで触れていますがここ数年は、新しいことに挑戦をせず、 […]

  • 2020年10月14日

Pas suffisant – まだ足りない

私はアメリカのドラマが好きで家で何か動画を見る時は、大体アメリカのドラマを見ているのですが、最近のお気に入りはTHIS IS US というドラマでした。 3人の兄妹がそれぞれ悩みを抱えながら、その悩みに向き合って行く姿や、ベースにある家族愛がとても上手く描かれていています。 主人公の一人である女性が […]

  • 2020年10月13日

Afin de garder la santé-健康を保つには

健康管理の上で私が気を付けていることの一つに食生活が上がりますが、旬の食材を取ることは今いる季節と共存する秘訣なのではないかと思います。 朝食は旬の国産フルーツを取り後はハーブティーを頂きながら午前中を過ごします。 昔は朝からご飯におかずと言った感じで、多めの食事を取っていましたが、数年前からフルー […]

  • 2020年10月12日

Un rêve devenu réalité- 夢は叶うもの

先日AsamiさんのInstagramでMikikoさんが、ホームグラウンドの銀座に戻り一段と神々しさを放っていたお話を拝読した時に、やはり人は自分が共鳴する場所にいると美しさが増すのだと、非常に納得しました。 私は、フランスに行ったり戻ったりを繰り返しながら長い年月を過ごしてきましたが、自分らしく […]

  • 2020年10月2日

un bon et un mauvais côté – 長所と短所

長所と短所は表裏一体だとつくづく思います。 今でも忘れられないのは高校時代の担任の先生から「あなたはハングリー精神が足りない」と言われたことでした。 忘れられない理由は、ショックだった訳ではなく、妙に納得してしまったことと、たまに自分の行動を客観的にみて、ここがハングリー精神が足りないと言われる所以 […]

  • 2020年9月29日

Mono tâche et multitâche – モノタスクとマルチタスク

一般的に女性は、同じ仕事を同時に進行できる、マルチタスク型男性は、一つのことに集中するモノタスク型と言われます。 私はマルチタスク型なので一つのことを集中してやるより同じことを同時進行しながら気晴らしをしつつ、仕事をする方を得意としていますしその方が仕事のインスピレーションも降りやすかったりします。 […]

  • 2020年9月27日

Rattraper – キャッチアップ

気が付けば、すっかり涼しくなり秋の気配が街に漂ってきました。 1ヶ月前は、毎日暑く、クーラーがなければ過ごすことが出来なかったにも関わらず、こんなに季節はあっさり移り変わるのだと、驚くと共に、過ごしやすい季節になり穏やかな気持ちで毎日を過ごすことができる様になったことはありがたいと感じています。 今 […]