CATEGORY

ハイヒール

  • 2020年10月17日

Avoir les belles jambes-美しい脚を手に入れる

日本では、”美脚”という言葉をよく目にします。 美しい脚、という言葉を聞いた時イメージする脚の形は人それぞれかと思いますが、私個人は、棒のような脚はどうしても子供のような印象を受けてしまうため、筋肉がついて、引き締まった脚が美しい脚だと感じます。 私は、どちらかというとO脚気味の脚でしたが、ハイヒー […]

  • 2020年10月11日

Mauvaise habitude- 悪い習慣

今日のハイヒールレッスンの自分の出来の悪さを忘れないために、このことについてblogの記事に書こうとレッスン中に決めました。 先週は仕事がとても忙しく気がついたらもうお昼だった、と言うことが続いていたのですが私は集中して資料を作る時に姿勢が左に傾くというとても良くない習慣があります。 普段は気をつけ […]

  • 2020年10月10日

Talons hauts et mal au dos- ハイヒールと腰痛

今週は仕事が非常に忙しく夜21時までの会議も入っており椅子に座る時間がいつもより長かったせいか、久々に腰が痛いと感じました。 腰痛を解消するために肩甲骨のストレッチを行いハイヒールを履いた、と言うとなんのことを言っているのだろうかと疑問に思われる方もいらっしゃるのではないかと思います。 勿論、やみく […]

  • 2020年10月4日

On le sait ou on ne le sait pas – 知っているか知らないか

春からずっと在宅状態が続いており外出する機会はぐっと減り椅子に座り、長時間 PCに向かって仕事をする機会がぐっと増えたのですが、肩こりと腰痛の悩みが一切なくなりました。 昨年は定期的に整体に通っており体の歪みの矯正と、凝りをほぐしてもらっていましたが、整体に通うこともなくなりました。 これは、自粛の […]

  • 2020年9月30日

Garder la bonne posture – よい姿勢を保つ

美しい印象を与えたいのであれば姿勢の良さは必須であるという事は自分自身の何気ない姿を見て初めて気がつくのかもしれません。 夏に久々にあった母から姿勢の良さを褒められましたが、これはひとえにハイヒールレッスンの賜物であると思っています。 デスクワークが基本の仕事をしているため、仕事をする際にはPCを立 […]

  • 2020年9月28日

Garder une tension au quotidien – 日常での緊張感を保つ

”緊張”という言葉を聞くと一見ストレスが掛かっている状態の様に思えますが日常において、ある程度の緊張感を持って生きていくことはとても大事なことだと思います。 8月の夏休み明けあたりから体調不良になり、先ずは体を休めることを優先したのですがここで難しかったのは元のリズムに戻ることでした。 体調が悪くな […]

  • 2020年9月1日

Prochaine étape – 次のステップ

今年の夏は、久々に海外に行かず日本で過ごしたため、すっかり暑さに参って、結果フランス人のごとく、のんびりモードで過ごす夏となりました。 暑さだけでなく、4月から、仕事フランス語・ハイヒールのコンサルティングと休みを返上しノンストップで頑張り続けていたので、体がスペースを欲しがっていたのも原因だったと […]

  • 2020年8月16日

Corps et esprit – 体と心の関係

私は、Asami-Parisのコンサルティングを毎週日曜日に受けていますがこの日は、朝から精神統一をしフランス語以外の予定を入れずレッスン前のトレーニングを行い精神・体調共に整えています。 Asami-Parisのハイヒールレッスンを受けた方であればご理解頂けるかと思いますが、レッスンでは全身の筋肉 […]

  • 2020年8月5日

Si vous voulez soulager le mal de dos – 腰痛を治したいなら

Asami-Parisのハイヒールウォーキング・メソッドの素晴らしさの一つは、人体学に基づいた歩き方により今まで抱えていた体のトラブルが解消されることです。 特に社会人になってからは私たちは職業柄のトラブルを抱えやすくなります。 例えば、接客業の方たちは、一日中立ち仕事のため、足がむくむ・疲れるなど […]

  • 2020年7月26日

L’avantage de la démarche en talons hauts – ハイヒールウォーキングの恩恵

私は元々ハイヒールが大好きで、常にハイヒールを履いていた、ということは以前blogでも書いたかと思いますがAsami-Parisのハイヒールウォーキングメソッドでなければレッスンを長い間続けることはなかったですし、また、コンサルティングを受けるまでにはならなかったことは断言できます。 ハイヒールウォ […]