Le regard – 眼差し

先週のAsamiさんのpremium blogで
目力についてお話をされていたのですが
目に魂を宿す、と言葉はとても納得
だと思いました。


私は仕事をする上で、自分の心の内を
話すことができる信頼できる人なのか
どうかを、相手の目を見て判断する
ことが実は多いです。


勿論、これはあくまで私の中の基準
なので、その基準が人によって違う
ことはあると思っていますし
そもそもどういう人を信頼できる
人だと考えるかも、人によって違う
ため皆が同じ意見とは限りませんが。


私が目を見る理由は、目にその人の
意思が現れているので、話をして
いる時に、その人の眼光が鋭くなった
時には、私の話を真剣に聞いてくれて
信頼してもいいのだな、ということ
をなんとなく感じます。


そして、経験上、そのような目をして
話を聞いてくれてアドバイスをくれた
人は、ちゃんと動いてくれたりして
いたので、相手の眼差しを見ると
きっと大丈夫と思えたり、多分動いて
くれないな、ということがなんとなく
わかるようになりました。


目を見ていれば、その人が
どのような気持ちで話を聞いて
いるかは伝わってくるものです。


つまりそれは、自分の考えも
目を通して全て相手に伝わって
しまっていることなのだとも
思います。


目は口ほどに物を言うというのは
まさにその通りだということ
なのでしょう。




最新情報をチェックしよう!