Connaître le point faible – 弱点を知る

自分の弱点を知るということは
一見、向き合うことが億劫になり
そうですが、実は自分がよりよく
なるための秘密が隠されているので
そんなにネガティブに捉える必要は
ないのではないかと思います。


ハイヒールのコンサルティングを
開始した当初は、昔パリでオート
クチュールを受けていて、ハイヒールで
フラミンゴをしていたことは嘘だった
のかと思うぐらいひどい状態でした。


日々の積み重ねと、定期的なコーチの
細かいチェックによりあの美しい
足捌きと姿勢が保てるので当たり前と
言えば当たり前なのですが、どこから
自分で補正をしていいかわからない
レベルだったので、とにかくストレッチと
素足のエクササイズ、そして日々の生活
で姿勢を気をつけるということに
取り組むことにしました。


レッスンを重ねるにつれて、私は右足の
母子球で体重を支えることが苦手なので
右足が軸の時にフォームが崩れることが
わかったため、家で時間を見つけては
母子球に体重を乗せ、反対側の足は
ヒップを引き上げつま先をしっかり下に
向ける体制をし、バランスを取る練習を
するようにしています。


これがクリアできるようになると
恐らく次の課題が見えてくると
思いますが、弱点を少しずつ克服
していき、少しずつ自分のフォームが
整っていく過程が楽しく、そして
自分の自信にも繋がってくるので
課題に楽しく取り組むことが
できています。


そして、自分ができなかった経験が
コーチになった際にクライアントに
寄り添うことができる財産にも
なると思うので、今の気持ちを
忘れずに、地道に訓練を重ねて
いきたいと思います。

最新情報をチェックしよう!