En tant que la mère – 母として

周りにいる、子を持つ女性を見るたびに
母とは本当に偉大だと思うことばかりです。


私の母は、40までは人生をかなり謳歌
していましたが、それでも手芸がとても
得意だったので、指人形を作ってくれたり
刺繍の本を持っていて、学校に持っていく
座布団に縫ってもらいたい刺繍を私たちが
選ぶと、とても上手に縫ってくれていた
ので、私が座布団を持っていく季節が
いつも楽しみでした。


40を過ぎてからは、家族に全ての
プライオリティを置くようになり
朝5時に起きては父のお弁当を作り
駅まで送って行った後、洗濯をして
私たちも駅に送っていた後、自分は
仕事に行き、仕事から帰ってからも
家の用事を全てして、いつも12時に
寝る生活をずっと続けていました。


我が家は、間違いなく母が家族の
バランスをとり、うまく回り続けて
いるなと思うのですが、そういう
母を見ていたからこそ、周りの
お子さんがいらっしゃる方達の
姿を見ると、自分の母親の姿を
重ねて、余計、私の胸に響く
のだと思います。


フランス語のレッスンを受けて
下さるクライアントの方で、小さな
お子様がいらっしゃる方が
いらっしゃるのですが、仕事を
している中、平日の夜の9時から
フランス語のレッスンをされている
姿には本当に頭が下がります。


私が同じ境遇であれば、仕事に
行き、子育てをするだけで
いっぱいいっぱいになっている
自分の姿が目に浮かぶので
やはりすごいな、と尊敬せずに
いられないのです。


先日、コンサルティングで
久々にAsamiさんがTiffanyが
家にいる中でレッスンをされて
いたのですが、Mamanに甘えたい
Tiffanyが寄ってきて、いよいよ
抱きかかえないと泣きやまなさ
そうな状態になったので
流石はAsamiさんなのですが
ひょいっとTifannyを抱えて
椅子のエクササイズの実践編の
クライアントの役をしていたのです。


そのプロであり、母である役目を
完璧に両立する姿には、尊敬の
言葉しかありませんでした。


Asamiさんほど言い訳をしない
人は見たことがないぐらい
本当に言い訳をしないなと
いつも感心します。


私が親の背中を見て自分が育った
という意識があるからこそ、私の
周りにいる、母たちの生き様は
子供たちの目に焼きつき
人生の価値観に影響を与えるの
だろうと思いながら、とても
温かい気持ちで親子の姿を
見させて頂き、愛情のお裾分けを
してもらっている気になるのです。






最新情報をチェックしよう!