Mots similaires – 類似語

以前にもBlog書いたことがありますが
フランス語を教える際に、日本語で
例えるより、英語で例える方が
文法の構造や、単語が似ているので
英語が話せる方には、英語の例を
使って説明をしています。


アルファベット圏の国の人達の
思考回路がたまに興味深いな
と思うことは、英語の会議が
続いていたフランス人と会話を
していると、途中から急に
無意識に英語に切り替わっている
ところです。


その後に自分で「あれ、なんで
今英語ではなしてるんだっけ?」
と、突っ込みながらフランス語に
戻ったりする姿を見て、母国語を
話しているのに、急に英語を話し
出すなんて、どういう脳の指令が
出ているのだろう、と非常に興味
深く感じたことがあります。


少なくとも、私は日本語で話を
していながら、無意識に英語や
フランス語に切り替わっていた
という経験は一度もありません 笑


アルファベット圏の国の人たち
であれば、単語も似ているから
このような切り替えになるのか
謎は尽きませんが、日本語という
特殊な言葉を使用している私たち
に比べて、類似性がある故に
起こることなのかなと思います。


色々な言語を話すことが出来る
醍醐味は、このような思考回路の
違いも学べたりすることにも
あるのです。


最新情報をチェックしよう!