Compétences requises pour le monde à venir-これからの世界で必要な能力

この春から世界は一気に変わり
街の風景も変わりました。
世界はこんなにも変わるのだ、と
思った方も多いとは思います。


今まで出来ていたことが出来なく
なったり
今まで見過ごしていたことが実は
大事だと気がつくことが出来たり
人によって、感じることは様々
なのだと思います。


この半年を振り返り、自分で
情報を取り、自分で判断をし
行動出来るというスキルがなければ
今後の世界で生きていくことは
厳しいのだろうと感じています。


誰々が言うからこうだ、や
みんながこうしているから
こうなんだ、と言うような考え方
だと、周りに流されてしまい
流された先はとんでもない世界
だった、ということもあり得ります。


今日と同じ明日は保証されていない
ということも念頭に入れて
常に行動することも必要です。


勿論、今までもそうだったのですが
これからはそれが顕著になって
来るのだろうと想像します。


私たち人間も、動物同様生き延びる
ためには強くなければいけませんが
変化に順応できる能力も合わせて
必要なのは、言わずもがなです。


そして、その変化に順応する
時期が、今だと感じます。


ここ数年ののんびりモードを
切り替え、目の前に与えられた
チャンスは一つ残らずトライし
自分の器を少しずつ大きくする
ような攻めの体勢に私自身入って
いますが、そうでなければ
自分自身すら守ることが出来ない
ことを、本能的に感じている
部分があるからなのだと思います。


目に見えないことが一番
大事なことを教えてくれますし
人間の本能とは、それを察知する
能力があるのです。


エネルギーが高いな、と
感じる人は、よく見てみるとこの
本能を常に研ぎ澄ましながら生活を
していることがわかります。


楽な道を選び、挑戦をせず
自然を感じる機会が減る程
この本能は薄れていきますし
生命力自体も弱くなってくる
のではないかと感じます。


自分はどうありたいのか
そのためにはどうするべきか
ちゃんと行動はできているか


この言葉を常に自分に
問いかけながら
世界が変わっても逞しく
生きていける自分になりたいと
思います。









最新情報をチェックしよう!