Avoir les belles jambes-美しい脚を手に入れる

日本では、”美脚”という言葉を
よく目にします。


美しい脚、という言葉を聞いた時
イメージする脚の形は人それぞれ
かと思いますが、私個人は、棒の
ような脚はどうしても子供のような
印象を受けてしまうため、筋肉が
ついて、引き締まった脚が美しい
脚だと感じます。


私は、どちらかというとO脚気味の
脚でしたが、ハイヒールウォーキングを
始めて、ヒップの引き締め、膝を
限界までプッシュすると、脚の
隙間がぐっと狭くなることに気が
つきました。


今までは、歩く際に筋肉を使う
ことを意識せずに歩いていたため
このような感覚に気がつくことは
なかったのですが、レッスンを
受けるようになってから、鏡の前で
脚の状態をチェックするようになり
筋肉を使っている状態と
使っていない状態では
膝と膝の間の隙間が全然違う
ことに気が付きました。


Asami-Parisのハイヒール
ウォーキングを学ばれた方であれば
口を揃えて脚の形が変わり
女性らしい美しい脚になったと
言いますが、それは筋肉の使い方が
大きく影響する故なのです。

昔の私がまさにそうでしたが
筋肉を使うということは、運動する
際にのみ行うことだという印象が
ありました。


ハイヒールウォーキングを学ぶ
ようになり、自分の筋肉の使い方を
注意深く観察するようになってから
筋肉ということは、体を動かす際に
必ず使う物だという、当たり前で
ありながら、全く意識していなかった
ことをしみじみ感じるように
なりました。


美しい脚を目指すのであれば
ヒップを圧縮し、膝を限界まで
伸ばし、体重は母子球に乗せた
状態で立ってみてください。


その少しの意識を実践する
だけで、驚くほど脚のラインは
変わり、自分で自分の脚が
美しいと思うことが出来る
ようになるのです。


最新情報をチェックしよう!