Pas suffisant – まだ足りない

私はアメリカのドラマが好きで
家で何か動画を見る時は、大体
アメリカのドラマを見ているの
ですが、最近のお気に入りは
THIS IS US というドラマでした。


3人の兄妹がそれぞれ悩みを抱え
ながら、その悩みに向き合って
行く姿や、ベースにある家族愛が
とても上手く描かれていています。


主人公の一人である女性が
歌手になりたくてオーディションを
受けに行った際に、すぐに歌を
止められるシーンがあります。


彼女は幼少の頃から体重の
コントロールにずっと苦労を
しており、見た目にコンプレックス
を抱えていたため、自分の見た目の
せいで、正当に評価されなかったと
思います。


そして、見た目だけの女性に負ける
人生はもう送りたくない、と
審査員の男性に向かって言うのですが
実は、見た目だけで歌が自分より下手と
彼女が決めつけた女性は、彼女より
ずっと上手で、自分のレベルが
ただ足りていなかった、ということを
思い知らされるシーンがありました。



元々才能はあったものの、辛いことが
あり、そこから逃げ続け、そんな
自分を正当化し、甘やかす人生だった
ので、トレーニングも行っておらず
毎日トレーニングをしている人の
前ではまったく太刀打ちできなかった
ことで、目を覚ますのですが、人の
弱さを上手に描かれているなと
思いました。


周りですごい、と思う人たち
に共通しているところは
想像を絶する程の努力を
しているところにあります。


勿論、生まれ持った才能や
骨格・造形を持っている人も
沢山いますが、その人たちが
輝いている理由は、その才能を
活かすための努力を怠らない
からである、ということに
他ならないのだと思います。


自分はこれがないから出来ない
あの人はこれがあるから出来るん
という考えは、ただの言い訳に
過ぎないことは、そう言っている
本人がきっと一番気付いて
いるのではないかな、と思います。


人と比べて落ち込むことも
人間なので勿論あるかとは
思います。


それでも、自分自身を輝かせ
やりたいことを実現するには
自分自身がどれだけその目標に
真剣に向き合い、時間をかけ
努力をし続けることが出来るか
によるのです。


忍耐強く努力を続ければ、その
ご褒美に、理想の自分がきっと
未来で待ってくれているはずです。








最新情報をチェックしよう!