Afin de garder la santé-健康を保つには

健康管理の上で私が気を付けて
いることの一つに食生活が上がり
ますが、旬の食材を取ることは
今いる季節と共存する秘訣
なのではないかと思います。


朝食は旬の国産フルーツを取り
後はハーブティーを頂きながら
午前中を過ごします。


昔は朝からご飯におかず
と言った感じで、多めの食事を
取っていましたが、数年前から
フルーツのみの生活に変えています。


最初は量が心もとないかと
思っていましたが、意外と
問題なく午前中を過ごすことが
出来ています。


朝食のお陰で、私に季節の移り
代わりを教えてくれる仲間に
フルーツが増えました。


そろそろ、さくらんぼが出回る
時期だな、と思ってみたり
あともう少ししたら、この
フルーツが食べれなくなるので
しっかり楽しみたい、と思う
気持ちが生まれたり、朝の食卓で
四季の移り変わりを楽しむこと
が出来るのは、贅沢なことだと
感じます。


野菜を見ても、夏は熱を取り除いて
くれたり、さっぱりした食あたりの
野菜が多く、冬になると重があり
体が温まる野菜に移り変わります。


私たち人間は、本来は自然と共存
しながら生きていて、その季節を
乗り切る力を与えてくれる食物が
季節ごとに存在するのだと思うと
自然の力はやっぱりすごいと感じ
ずにはいられません。


デジタル社会にどっぷり浸かって
しまうと、本来持っている人間の
本能や機能は失われがちです。


だからこそ、常に自分の感性が
研ぎ澄まされ、自然を感じることが
出来る生活を忘れない生き方が
心も体も健康的でいることが出来る
秘訣なのだと思います。

最新情報をチェックしよう!