un bon et un mauvais côté – 長所と短所

長所と短所は表裏一体だと
つくづく思います。


今でも忘れられないのは
高校時代の担任の先生から
「あなたはハングリー精神が
足りない」と言われたことでした。


忘れられない理由は、ショックだった
訳ではなく、妙に納得してしまった
ことと、たまに自分の行動を客観的に
みて、ここがハングリー精神が足りない
と言われる所以だと、納得する場面に
出会うことがたまにあるからです。


自分の勝ち負けに拘らないところや
人に負けたくない、という
気持ちが薄いところは
対人関係で揉め事を生まない
長所だと思いますが
裏を返すと勝負事が好きでは
ないので、自然とそういう場面を
避けて生きてきたんだろうと思います。


私が運動に気持ちが行かなかった
理由も、勝ち負けが明確なところが
自分的に得意ではなかったからです。


今年は、自分にとって変化の年で
今までやっていなかったことや
避けていたことに挑戦すること
の連続です。


ハイヒールのコンサルティングも
そのうちの一つですが、未知の
分野にチャレンジすることは
自分の器を広げてくれるので
実はとても大事なことなのだ
ということに気がつかせても
もらいました。


今まで仕事でも、自分が好きな
ことを、自分のペースでずっと
し続けていましたが、もう一歩
先の世界を見るための新たな
挑戦をすることになりました。


立場は人を作るということは
なるほど、こういうことなのか
ということを実感している毎日
なのですが、やってみると案外
自分も変わることが出来るもの
なのだということを発見しました。


新しい世界に飛び込むことは
一見、荒波の中を泳ぐことになる
ように感じますが
その荒波を越えた時に、見える
景色はきっと素敵ならば、その
荒波の中に入る価値はきっと
あると思います。




最新情報をチェックしよう!