Parler comme chanter – 歌うように話す

フランス語が好きな理由に、「音が
綺麗だから」ということを挙げられる
方もいるかと思います。


フランス語の音が綺麗な理由は
歌うようなリズムで話す所
なのではないかと思います。


何故、そのようなリズムが生まれる
かというと、フランス語は、イント
ネーションをつける際に、リズム
グループという塊を作り
リズムごとに語尾を上げて話し
最後の読点で語尾を下げる、という
規則を持っているからなのです。


フランス語をネイティヴっぽく
話したい、という方は
出来るだけ音を長く出し
語尾を上げて話すようにすると
この歌うように話すリズムを作る
ことが出来ます。


ポイントは、音がブツ切りされ
内容に、繋がるように、音を
出し続けることです。


フランス語の発音を教えていて
感じることは、全ての発音が
音が出しやすいように考えられて
いるということです。


音が出しやすい、出しづらい、と
いう感覚が分かるようにするには
先ずは母音の正しい発音をマスター
しなければ、この区別をつける
ことが出来ないのですが
正しい音が出せるようになると
自然と、次の発音記号が分かる
ようになってきます。


もう少し時間に余裕ができたら
フランス語の発音だけに特化した
レッスンを受けたいという方の
ために、発音のみのコースも
設定しようと思っています。


その際には、歌うように話す
言語、フランス語の世界を
存分に堪能できるレッスンに
しますので、楽しみにお待ち
下さいませ。

最新情報をチェックしよう!