Aliments de saison – 季節の食べ物

数年前の8月に、ギリシャに旅行を
した際に、デザートにいつもスイカが
提供されていました。


最初 提供された時は、いえ、頼んで
いませんが、とお伝えしたところ
無料でサービスされる言われ、サービス
の良いお店だと感動したのですが
その後、どこに行ってもスイカが
提供され、灼熱の夏のギリシャでは
体温を下げるためにスイカを食す
という事に気がつきました。


日本は世界の中でも食生活の豊かさ
はトップクラスだと思っていますが
それは、恵まれた気候と、水に恵まれた
環境のお陰で、豊富な食物を栽培する
ことが出来る事が食生活の支えと
なっていました。


冬に取れる根菜類は、体を温めて
くれますし、夏に取れる葉物野菜や
瓜科の野菜は、体の熱を取ってくれ
ます。


そして何よりも、旬の野菜は余分な
加工をせずとも美味しく、野菜自体
に味があるため、旬の野菜を取る
ことは健康な体を保つ基盤となります。


私は朝はフルーツしか食べませんが
国産の季節のものを取る事にしています。


海外に比べると、フルーツは高い
ことは確かなのですが、旬のフルーツ
からもらえるエネルギーとパワー
そして生産者の方たちの労力を
考えると、妥当なのかな、と思います。


旬の国産のフルーツを朝食に取る
ようになってから、季節をより
感じる事ができ、出回るフルーツの
種類で、これから迎える気温や
季節を学ぶ事ができます。


地産地消の大事さは言われて久しい
ですが、農業は手間がかかる割に
儲けも少なく、そして自然災害に
よって、数ヶ月の努力を一瞬のうちに
台無しになってしまう大変な仕事
なため、日本の地産地消率は
深刻なほど下がっています。


特に今回の疫病の裏で、打撃を受けて
いる農家も少なくなく、この
機会に、地方の農家や畜農家に
目を向けるようになりました。


美味しい食材を食卓に届ける
ために、365日働いている
方たちの存在を忘れずに
積極的に購入を続けたいと
思います。








最新情報をチェックしよう!