La vie en France – フランス生活

学生時代に初めてフランスを訪れて以来
フランスには本当に何度も足を運びました。


初めてパリ旅行は、アパルトマンホテルに
滞在し2週間過ごしましたが

その後パリでのホームステイを10日

南西にある”La vie en rose バラ色の街”
という呼び名を持つToulouseでの
ホームステイを3週間

南仏プロバンスの代表的な街の一つ
である、Aix-en-Provenceでの
ホームステイを2ヶ月

ベルギーとの国境近くに位置する
北の街Lilleでフランス人友人家族宅
での生活を2ヶ月経て

パリで4年弱、アパルトマンを借りて
暮らしていました。


フランス語を話すスキルがぐんと
上がったのは、日本語を話す機会が
一切なかったLilleでの2ヶ月でした。


そこで暮らした友人宅では
私のことを家族の一員の様に扱ってくれ
フランス人の日常生活を
肌で感じることが出来た
2ヶ月ながらも、沢山の思い出ができた
人生の宝物のような時期でした。


ホームステイをしている時は
出来るだけ私に多くの経験を
させてあげたい
というホストファミリーの意向から
恐らく普段とは違う食生活を
送っていたのではないかと思うのですが
Lilleで暮らした時は、フランス人家庭の
日常に、私が加わる形での生活でしたので
食事も普段のままで
その時に初めて、フランス人は
平日の夜は軽い食事で済ませており
お酒を飲んだり、フルコースの食事を
取るのは、週末のみだということも
知りました。


Lilleの家庭では、冬場に滞在していた
こともあり、基本、夜はサラダと
色々な野菜を入れてミキサーでかけた
ポタージュのみを食していました。


素材が良いお陰か
このサラダとスープが非常に美味しく
ドレッシングも当然毎回手作りを
する訳なのですが
フランス人の食生活が、実はとても
ヘルシーであるということを
この時に知りました。


冷凍食品や、ジャンクフードには
一切頼らず、新鮮な食材で料理を
しているフランス人の食生活の
豊かさに感動し、益々フランスが
好きになったことを覚えています。


一方で、デザートは彼らの生活に
欠かすことが出来ず、スーパーには
様々な種類のデザートが売っていて
食後にハーブディーを飲みながら
デザートを取ることが、その家庭の
習慣でした。


友人同士で集まることが好きな夫婦
だったので、週末には、よく友人が
遊びに来ており、apéritifから始まり
前菜・メイン・チーズ・デザートを
音楽を聴きつつ、お喋りに花を咲かせて
楽しんでいる姿は、私のライフスタイルの
お手本になりました。


そこの家には、当時3歳と5歳の男の子
がいたのですが、毎晩夜8時には2階に
子供達は移動させられ、そこで彼らの
お気に入りのDisney映画を見ながら
子供達は眠りにつき、そこからは両親は
大人だけの時間を楽しむようにしており
子供と過ごす時間と、大人だけの時間を
上手に切り分けながら日々を過ごす
フランス人のバランス感覚にも
感心させられました。


なぜフランスがそんなに好きなのですか?
と尋ねられたら、フランス人と生活を
共にし、彼らの人生を豊かに過ごす生き方
に感銘を受けたからだ、と答えるでしょう。


自己責任の国であるフランスは
幸せに暮らすことも
不幸に暮らすことも
自己責任なのです。


それならば、幸せに暮らす方法を
模索し、自分のスタイルを貫いた
方が、人生は幸せに決まっている
ということを気が付かせてくれた
フランスは、私の人生を語る上で
やはり欠かせない存在なのです。






最新情報をチェックしよう!