Des astuces pour apprendre la langue étrangère 2 – 外国語習得のコツ 2

外国語を習得しようと思ったものの
何度も挫折してしまい
どの勉強方法が良いか、自分でも
分からなくなってしまった、と言う
話をたまに耳にします。


フランス語を本気で習得したい
でも、何度か試して挫折してしまった
ので自信を失いました・・・。
と思っていらっしゃる方がいれば
Préludeのレッスンを是非受けて
頂き、フランス語を学ぶ楽しさを
実感して頂きたいと思います。


レッスンでこだわっている点は
1)「なるほど、そういうことなのか」
と納得してもらえるようロジカルに
説明することと
2) 印象に残るように、フランス人の
実例の笑い話を加える事と
3) フランス人ぽく話す事ができる
喋り方の習熟です。


特に、3)のフランス人ぽい音や
イントネーションをつけて話す
事ができるようになると、それだけで
フランス人から「すごくフランス語が
上手ね!」と褒めてもらえるので
これが、もっともっと勉強したいと
いうモチベーションに繋がり
語学力向上の機動力となるのです。


私自身、フランス語を真面目に勉強
しようと思った理由は、初めて訪れた
パリで、片言のフランス語で会話をし
フランス人にとても親切にしてもらえた
ことがきっかけなので、小さな成功
体験が、モチベーションを保つ
原動力となる事を身を以て体験
しています。


私はレッスンでお世辞は言いませんが
それぞれのクライアント様は
個人個人の得意分野をお持ちなので
そこを見つけて、良い点をお伝えする
ようにしています。
その方の強みを見つけ、それに沿った
教え方をする事は、講師にとって
必要最低限なスキルだと私自身
思っています。
自分に向いてる教え方をしてもらうと
習熟の速度は早まりますので
人によって教え方のアプローチを変える
という事は非常に重要な点だと
思っています。


また、もう一つ重要視している事は
何故フランス語を習得したいかの
目的を明確にし、Goalを設定して
頂くことです。
この目的が曖昧な場合、学んでも
学ばなくてもいい、という気持ちが
生まれてしまうため、挫折の原因と
なってしまいます。
私たちは日々優先順位をつけて
生きているので
優先順位が低いものは、忙しくなると
必ずやらなくなってしまいます。
Goalを設定すれば、自ずと優先順位も
上がってきますので
目的の明確化とGoal設定は
最初に行う大事なポイントとなります。


そして、質のいいレッスンのためには
質の良いテキストが欠かせませんが
こちらも厳選したものを使用させて
頂いています。
私が大学時代に使用したテキストと
遜色ないものを使用していますが
専門的な説明がわかりづらい場合も
ありますので、テキストの内容を
噛み砕き、細く説明を加えた
資料を私の方で作成し
レッスンに使用しています。


数あるフランス語レッスンの中から
Préludeのレッスンを選んで下さった
クライアント様には、感謝の気持ち
しかありませんので、自分が持っている
知識は余す事なくお伝えし
フランス語を学ぶ楽しさ、実際に
使いこなす楽しさを体験して頂ければ
こんなに嬉しい事はありません。
そんなきっかけ作りが出来るよう
日々アップデートをして
行きたいと思います。







最新情報をチェックしよう!