Faire le pont – 連休にする

Faire le pont とは、直訳すると
橋を架ける、という意味ですが
飛び石になっている祝日の間に
休みを入れ、連休にする、と言う
意味でも用いられます。


フランス人はバカンスが大好きで
また、どこかに出掛けるのであれば
弾丸で行く、という事はしないので
水、金と祝日があれば、木曜日を
休みにして、5連休にし、お出かけを
します。


私たち日本人は、小学校の修学旅行
などでも、1泊2日で大阪・奈良・京都
を回るほどの弾丸に慣れているので
ちょっとふらっと1泊で旅に、という
感覚は当たり前だったりするのですが
週末にふらっと他の国に行くとか言うと
フランス人は驚くので
これも育ってきた環境の違いなの
でしょう。


ひと昔と比べて、日本も連休が多くなり
今週末は4連休となりますね。


7、8月はバカンスシーズンになる
ため、フランス方面からの連絡が
かなり減ってきているので、この時間を
利用し、私もしっかり羽を休めて
今の環境の中での楽しみをとことん
追求していこうと思います。


外に出ることが難しいからこそ
今まで出来なかったことも色々
挑戦する時間が増えてきていると
思いますので、出来ることに焦点を
当てて、幸福度を高く過ごして
生きたいですね。



最新情報をチェックしよう!