Solidarité – 連帯

フランス共和国の標語と言えば
liberté – 自由
égalité – 平等
fraternité – 友愛
ですが、フランス人の精神を
表す言葉で
solidarité – 連帯
という言葉があります。


今回のコロナでは
このsolidarité精神を発揮し
シェフたちは理療現場で働く
方達に料理を届けたり
また、luxuary界を代表する
企業であるLVMHも
消毒やマスクを
自社の工場で生産し
無料で提供するなどしていました。


困難な時はお互い助け合おう
という考え方が根底にあることが
有事の事態に垣間見えるのですが
個人主義でありながら
助け合い精神を大事にしている
ところが
私がフランス人が好きな所以だと
思います。


彼らは仕事とプライベートを
しっかりと分けますが
仕事を通して出会い
友人関係に発展した際は
家族ぐるみで面倒を
見てくれるのです。


私が出張でフランスを訪れた
際には
ご本人・パートナー・お子様
といった組み合わせで
食事を取る事も、よくあるのですが
こういうお誘いを受ける時に
フランス人の愛情深さや
感じずにはいられませんし
彼らはとても人との繋がりを
大事に生きているのだと思います。


会社の方から伺ったエピソードで
忘れられないのは
東北大震災で日本が甚大な被害を
受けた際
彼は、仕事のカウンターパートナー
であるフランス人より
住むところがなくて大変だったら
暫くうちに来ていいから、と
本気でオファーをしてくれたそうです。


パリ・シンドロームという
言葉がありますが
このような言葉が存在する事から
憧れを持ってフランスを
訪れ、現実とのギャップにがっかり
した人たちが多いということを
伺えられます。


その気持ちはわからないでもないな
と思いますが
私がフランスの魅力は
個々人が持つ人間性だと思っている
部分があるので
カフェやスーパーだけでは見えない
フランス人の本来持つ人柄に
触れ合うチャンスを持つと
きっとフランスに対するイメージが
いい意味で裏切られるのでは
と思います。




最新情報をチェックしよう!