point de vue des autres – 他人の視点

自分目線か他人目線か


自分自身のことを考えると
他人にこう思われたい、という
思いはあまり強い方ではないので
自分のライフスタイルやファッションは
自分目線が非常に強い人間ではありますが


末っ子気質だからこそかもしれませんが
こうすると、相手をこういう気持ちに
させてしまうかな
ということを気にしてしまう気持ちは
人一倍強い気がするので
他者に影響する行動には
非常に他人目線を強く意識する傾向が
あるように感じます。
特に関西人の私にとって
目の前の人が楽しく笑っているかどうかは
かなり大事なポイントなので
会話の際は、かなり他人目線で進める
ことが多いです笑


見た目から受ける印象と
接したときの印象が違う
と言われやすいのは
この2面性があるからなのだな、と
書きながら
自分自身でも納得してしまいます笑


もし周りの目線ばかり気にして
しんどい、と感じる人がいたら
自分がどの点に置いて
他人の目を気にしているかを
深掘りしてみると
自分が心の奥底で大事にしている
価値観が浮かび上がってくると思います。


そして、その価値観が譲れない
自分の核であるものであれば
そのままどうぞ、大事にして下さい。


それが、自分を押し殺しているもので
あれば
自分の心の奥底にある願望を
是非、大事にしてあげて
欲しいと思います。

ただ、人間社会で生きている中で
自分のことしか考えていない人は
きっといないと私は思います。


例えば、家族が一番という価値観が
自分の中で揺るがないものであれば
家族の視点に立った上で
判断していることは山のようにあると
思うのです。


そう思うと、他人目線で決めることは
全く悪いことでも何でもなく
自分の価値観に背いていることが
一番苦しいことなのかも
しれないですね。



最新情報をチェックしよう!