冠詞 – l’article

冠詞抜きでは
フランス語は語ることが出来ない


この言葉に私は100%、
いえ、200%同意したいぐらい
冠詞はフランス語にとって
非常に大きな役割を果たしており、
逆に、冠詞の使い方を間違えると
何を言っているのかが
相手に伝わらなくなってしまう
原因にもなってしまう
フランス語の、正に要の部分だと
思っています。


上記の理由により
フランス語のレッスンで
一番最初に冠詞を学ぶことが
王道なのです。


Préludeのレッスンでは
日本語では存在しない冠詞を
理解しやすい様に

その冠詞を使うと
どの様な情景を頭に思い浮かべるか?
ということを、絵と共に例に使用したり

また、敢えて日本語訳すると
どういう言葉で置き換えることが
できるのか?

という手法を使用し
冠詞をマスター出来る構成に
しております。


フランス語は非常に論理的な言葉
であると、私が常々感じる理由は
この冠詞の使い分けも
とても論理的であるからです。


一見難しいという印象を受けがちな
フランス語ですが
理屈が分かれば、マスターをし易い
言語だと思っています。


フランス語は
実は習得し易い言語なんだ!
と、クライアント様に
毎回のレッスンで感じて貰えることが
私自身の喜びでもあるので
自分が今まで培ってきたノウハウを
全てお出しする気持ちで
資料作りとレッスンに
日々取り組んでおります。



最新情報をチェックしよう!